日々のきろく。

10日間。

d0215879_18114571.jpg

1日の終わりに、今日も無事過ごせたことを感謝する。



 11日の大震災から、10日間。
 いろんなことがありすぎて、とても忙しい日々でした。

 大震災後の日本の様子、福島県に住む伯父伯母の様子が気になる日々で、どうも落ち着かず。
 そして、今年度最後の勤務。

 卒業式には出席し、ひさしぶりに会ったこどもたちの笑顔に元気をもらいました。
 「せんせーっ、音楽やってよう!」と手をひっぱってくれた2年生、「一緒に写真を撮ろう!」と見送られてから戻ってきてくれた、卒業生の仲良し5人組。
 ひさしぶりに明るい1日だったなあと思ったところで、夕方、伯父の急逝の電話。

 昨年の7月、膵臓に癌が見つかり、闘病を続けていた父方の伯父。
 11月に下鴨神社のお守りを届けに伯父の家を訪れたときには、「甘い物が好きになったんだ」と一緒に持って行った八ツ橋をおいしそうに食べ、年末には親戚一同のおもちつきにも来て、大好きなお酒を父や伯父、従兄弟たちと楽しんでいました。
 3月13日、出かけていたわたしに、「伯父さんが入院したって」と母から連絡があり、そのまま病院へ。
 心配して駆けつけたら、笑顔で、「あれ、みーちゃん、またきれいになったか?」と笑わせてくれ、ひと安心。伯父、伯母、父、母、弟も駆けつけて、みんなで楽しく話をして、握手をして帰ってきました。帰り道、「元気そうでよかったねえ」と話しながら。
 翌日には、父におもちつきの写真をプリントして届けてもらいました。

 そのような中での18日の悲報。
 ほんとに眠ったまま、苦しむ事なく‥とのこと。
 悲しくて仕方がなかったけれど、13日に会いに行って話をしてきて本当によかった、と。。
 
 お通夜、葬儀と、悲しい中でも、ひさしぶりに集まった親戚でいろんな話を楽しみました。
 伯父さんのことや、昔の話、近況。
 遺影の中でほほえんでいる伯父もうれしそうでした。
 
 「今度はおめでたい話も欲しいね。笑」ともう一人の伯母に言われ、あたふたしたわたしですが、ほんとにそうだよな‥、と、今回の数々のできごとを経ておもいました。
 
 この10日間で、本当にいろいろなことを考えさせられました。
 わたしも、ちょっといろんなことをがんばって、1日1日を大事に過ごしていこうとおもいます。
 

 長文で失礼しました。。。
 どうしても綴っておきたく‥
[PR]
by kamenokoo | 2011-03-22 18:12 | 日々。